読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うれぴっプルン戦記

性的主体性と添い寝とダンス

「性的マイノリティへの想像力がある同僚がいる職場でしか働きたくない」というのは決して高望みでも我儘でもないでしょ

昨日ついに、『逃げるが恥だが役に立つ』の最終巻が発売された。

TVドラマが大評判で、既に内容はご存知の方も多いと思うけど、原作は少女漫画。「主人公が就職としての結婚を提案、雇用主である夫に家事分を給料として支払われ、結婚生活の運営ルールを二人で決めて、契約結婚をする」「非恋愛関係の結婚だとは周囲に言えないまま、色んな危機を乗り越えたけれど、自体は思いもよらぬ展開に…」という現代チックで斬新なストーリー。

(以下、軽いネタバレあるので注意)

f:id:kmnymgknunh:20160721232430j:plain

f:id:kmnymgknunh:20170314200243p:plain

f:id:kmnymgknunh:20170314200306p:plain

軽くネタバレをすると、同居する中で、お互いにスキンシップ欲がわき、「月二回ハグをする」案が出て、「契約恋人(恋愛関係の良いところ取り)」が始まるのです…。

f:id:kmnymgknunh:20170314200427j:plain

f:id:kmnymgknunh:20170314200440j:plain

(全ての出典 海野つなみ逃げるは恥だが役に立つ』)

 

この物語の素晴らしいところは、多くの人が無自覚のうちに陥る「恋愛感情があるから(恋人だから)」「妻/夫なら」「男/女なら」という役割観念に囚われず、一個人としてお互いを尊重し、絶え間なくパートナーシップを築く努力をしている点。現状に不満があれば、会議を開き、ベターな打開策を提案し、試行錯誤しながら協働してオリジナルなルールを設定している点にある。

 

ドラマ化したのも本当によかった。漫画以上に幅広い層への問題提起となったかもしれない。

セックスの合意に関しても家事労働や金銭管理に関しても、一方が我慢し続ける関係性にならないように(搾取にならないように)点検し続けること。夫婦/恋人であっても、いくら愛情があると思っても、それを理由に、個の意志の尊重すること(自由だと思えて、NOが気軽に言えて、NOを言われた側が不機嫌にならない関係性を作ること)、そして日常継続の可能性を模索するための対話を軽視してはいけない、というメッセージ性を強く感じた。

f:id:kmnymgknunh:20170314214958j:plain

 

f:id:kmnymgknunh:20170314215005j:plain

(TV版ではガッキー主演。【好きの搾取】というパワーワードがお茶の間に流れたの凄い)

 

主人公のみくりが、男性と対等に意見を述べ、利己的で主体的な考えを持ち、自分の人生を切り開いている女性というのも素晴らしい。そして他のキャラクターも個性的で魅力的だ。みくりの契約夫である「平匡」は高齢童貞という設定で恋愛に免疫がないエンジニア。平匡さんの同僚で、超イケメンでモテモテだけど結婚や恋愛に期待も興味もない「風見さん」、ゲイの「沼田さん」がいて、後半には「意中の1人に告白⇒付き合う」という日本特有のルールに縛られず、複数恋愛を楽しんでいる「五十嵐杏奈(ポジティブモンスター)」も登場する。

中でも、「実はもう一人の主人公だったのでは?!」って思うのが、みくりの叔母である「百合ちゃん」。

 

百合ちゃんは安定した仕事を持っている独身未婚女性。五十代処女という設定。

(「どうしても五十代の女性には見えない絵」といいながらも全巻を読み耽る夫。)

f:id:kmnymgknunh:20170314202226j:plain

最終回、この「自分に呪いをかけないで」という場面*1には多くの人がハッとさせられたとの意見多数。漫画でもウルっときたもんね。

f:id:kmnymgknunh:20170314202322p:plain

f:id:kmnymgknunh:20170314202333p:plain

余談だけど、よしながふみ『大奥』六巻の綱吉編で、「・・・・生きるという事は、女と男という事は!ただ女の腹に種を付け子孫を残し家の血を繋いでいく事ではありますまい!」と右門之助が叫ぶ場面が浮かんだのは最終話の百合ちゃんの展開を読んだからだなー。『大奥』も最新刊発売されたけどめっちゃくちゃ面白かったです。

 

 

海野つなみ先生ありがとう!!!ええ漫画に出会えてよかった!!!って思うのは、『恋愛結婚』することが素晴らしく、一部の層にはステータスにもなっていて、『共働きだけど、家事は女が無償で当然、とされる暗黙の了解』があって、『結婚しているのか問われ、子どもはいつ?と出産すること前提で語られる』ことの多い社会が中々しんどいからなのです。

「恋愛結婚でなくてもいいよね」「共働きなら尚更、家事分担やお金のこと相手とちゃんと話し合わなきゃね(ジェンダー役割関係なく)」「子なし人生も良いね」「子どもが欲しいといっても、だれでも妊娠できるわけじゃないからね(不妊率は6組に1組ともいわれている)」とさえ気軽に語れないと感じるのは私だけでしょうか。

未婚や非婚を選ぶ人もいる、性的経験の無い人や不要の人もいるし、子どもを持たない家族や、子を失った家族、養子を迎え入れる家族もある。いろんな性的指向の人がいる、同性同士のカップルもいれば、恋愛感情に起因しない人間関係の在り方もある、のになあってね。

 

 

今年からわりと大きい会社に勤めることになって、そこはいろんな悩みを抱えたお客さんが来る場所で、たとえば自分にとって身近な「事実婚」「子なし夫婦」だとか「LGBT」「性被害のサバイバー」だとかにも慣れた相談員(SW)がいるかなと期待したけど、そんなことはなかった。あくまでマジョリティ前提の恋愛や結婚、出産観という感じで、職場では初対面の人に「結婚してるの」「子どもの予定は」と聞かれてばかりでしんどいです。ひとまず第一の作戦として、友情結婚事実婚)を選んで子宮内避妊具挿れて自分なりに人生設計頑張ってるけど、わざわざそれを関係性の浅い上司に語れるかバカヤローという気持ちになってる。マジョリティと違う選択をした、というだけで、偏見浴びるのやっぱり怖いもん。愚痴ってごめんなさい。

 

性的マイノリティ*2への想像力がある(最低限、一方的に相手を「異性愛者」「肉体の性別と精神の性別が一致している」と決めつけない環境がある)同僚がいる職場でしか働きたくない、というのは決して高望みでも我儘だとも思わない。職員全員に対し、啓蒙や人権教育をしてくれ、という話でもない。望まない場面で、性に関する選択をカムアウトしなくて済むように、ただ普通に過ごしたいだけだ。

ある程度、技術を身につけたら次の職場を探そうと思う。『逃げ恥』のように、いろんな人生の形を、いろんな愛の形を、独断と偏見でジャッジせずに受容できるような環境を探したい。そう思うと、前の職場ではわりと自然にセクシャルマイノリティの話題を振れる同僚が一人いてさ、それだけで大分心が軽かったなと思う。失ってから恵まれていた事実に気づくのね。どんまいである。理想かもしれないけれど、自分を押し殺さないと生きられないのであれば短い人生損してる気がするから少しずつでも環境を変えていきたいものです。まずは第一歩。

 

 

先月、こちらの冊子を二十部注文した。本当は職場に置きたいけど様子伺ってる。とても良い資料なのでセクシュアルマイノリティについて知りたい人いたら読んでちょ。ではまたね。

性的少数者も医療や福祉を受けやすく 支援団体が啓発冊子
http://www.sankei.com/life/news/160226/lif1602260010-n1.html

冊子『LGBTと医療・福祉(改訂版)』PDF
http://qwrc.org/2016iryoufukushicmyk.pdf

 

※今回記事での「(性的)マイノリティ」という表現は、LGBTレズビアン・ゲイ・バイ・トランスジェンダー)に限らず、「性に関連する事柄(恋愛や結婚、生殖)についての状態、選択、価値観が社会的に少数派である人/差別意識や偏見を持たれやすい人」のことも想定しながら使っています。

 

 

 

*1:「加齢」を「劣化」と揶揄する人は多いし「特に女性は若いほどいい」という風潮がある。だからやたら「若さ 」を讃えたり、「加齢」を恐れる人が増える。でも、私は、年を重ねることを楽しみ、自由でいきいきと生きる年上の友人を多く知っている。美しいと思う。自身も年を重ねるのがとても楽しみであるよー。

*2:※今回記事での「(性的)マイノリティ」という表現は、LGBTレズビアン・ゲイ・バイ・トランスジェンダー)に限らず、「性に関連する事柄(恋愛や結婚、生殖)についての状態、選択、価値観が社会的に少数派である人/差別意識や偏見を持たれやすい人」のことも想定しながら使っています。

おばさん心、自分がもうひとりほしくなる心

都内の水族館を巡っていた時期があった。十代に別れを告げた二十歳のあの頃、不慣れな東京の街を散歩するようになったあの頃の話だ。
ちょうどその頃、齢四十位の友人ができた。過剰に感性が瑞々しい部分もあったが、流行に乗ったファッション、少年にも見えるあどけない顔立ち、長年積み上げてきた社会人としての理知がバランスよく組み合わさった男性という印象だった。
三十歳を手前にした女性が自身を「おばさん」と表現したり、たった五歳も違わない年齢の相手を遠ざけるかのように「おじさん」と呼ぶような風潮、加齢を「うつくしくないもの」「避けたいもの」「自虐が必要なもの」とするような風潮に疑問だらけの私は、彼と二十歳差という事実はあったが、それに特別な意味を持たず、彼を「おじさん」と呼んだことも感じたこともなかった。

 

そんなある日、彼と池袋のサンシャイン水族館に同行する約束をした。普段は複数人で高円寺の喫茶店や水道橋で鍋を囲む事が多かった、単独での外出は初めてだったので、緊張しつつも前日の夜は楽しみで仕方がなかった。
当日、彼はいつも通りお洒落な格好で(華奢な襟付きシャツ、そして半ズボンに柄タイツだった)私を待っていてくれた。

水族館に向かう途中、ガードレール下を歩きながら、彼が呟いた。「ああ!なつかしいな。十年前、彼女とここを歩いたんだよ」
「そうですか」と相槌を打つ。すると、次々と「彼女はこういう子でさ、名前はこういう漢字で、あの日はこんな事があって…」と開口したきり止まらない。
そんな調子で、現在にはさほど関心を示さず、彼は昔話をひたすら続けたのだった。過去の思い出を恍惚とした表情で語る姿に驚いた、膨大なノスタルジーが感じられたのだ。どうやればそんなに濃ゆい想いを抱けるのかわからなかった。一切共感も出来なかった。

そのとき初めて、『ああ、この人は、おじさんなんだ』と気付いて、なんていうか、拍子抜けした。

水族館へ行っても自身の思い出話に夢中状態。過去についてのわかりやすい説明もないし、話にオチもないし抑揚もないし、自分の立ち位置が不明だしと、行き場に悩んだ。
意中の相手の思い出話ならば輝かしく傾聴できる。しかし単なる友人であったので、出来ればお互いの現在について(具体的に言えば目前の水槽内の魚について)話題を広げたかった。
「興味がないんです」ともはっきり言えず、「うんうん」と笑顔を振り向け続けるだけの、無料キャバ嬢役は疲れてしまうんだとようやく学んだ。

 

そういえば、後期高齢者と関わる時にも、似たような光景がよくある。
普段腑抜けているような表情でも、自身の歴史、思い出を語る時はそりゃ生き生きするもんである。

自分の生まれていない時代についてを傾聴することは楽しい。その人に興味があればまた一考。しかし同様に、延々と自分語りされ続ければ、疲れてくるのも事実ではある。

その時も、「自分の輝かしい過去」「自分の甘酸っぱい切ない過去」を語ることはそんなにも楽しいものなのか、と不思議な気持ちでいっぱいになっていた。

 

 


そんな私も二十五歳になった。
いい人生だったな、最近はどうやって余生を過ごすか、どういう最期を迎えたいか、そんなことを考えることが増えた。死にゆく人を片目にして…。
同時に、過去を随分思い出すようになった。瑞々しい思い出を辿って、あの時あの人と一緒に唄った曲を聴いてみたり、あの時あの人と語り明かした一晩の思い出がよみがえってくる。
それがすごくなつかしくて、すごく恋しくて、もう味わえないと思うとすごく切ない。
あの時のあの記憶を誰か共有してくれないかなあ、なんてふと思うのだ。だれか私の話を延々と聴いてくれないか、なんてふと思うのだ。
ああ、サンシャイン水族館へ向かう途中のあの彼にも、これまで多くの死を知って自分の生命を自覚するあの婆さんもに、こういう過程があったのかな、と。腑に落ちてくるものがあった。

 

しかし、「一方的に語られる側(しかも、無償で)」の負担を考えれば、本当は自分語りに他人を巻き込むのは危ない面もある。そこまで他人は他人に興味がない。残念ながら。自伝を出したって、多くの人に愛される作品になったって、隅々まで自分を共有してくれる人なんて現れない。自分が辿ってきた道は自分だけの道なのだ。たとえ他人と一緒に歩いたとしても、他人独自の感じ方、受け止め方がある。自分と全く同じ記憶や感性は他人からは得られない。


だから、他人には頼らずに、自分の人生を一番知っているのは自分だという自負を持ち、自分自身に「あんなこともあったね」「そうだねえ」と眠るまでの間語れるのならどんなに素晴らしいだろうか、と思う。
自分がもう一人ほしい。それが叶えばこの心の内がどんなに解れるだろうと。
そんな、自分がもうひとりほしくなる心を、おばさん心と呼んでみよう。
この、おばさん心をどう解せるか、時にはどうやって昇華できるのか、それに悩み続けることが思春期を過ぎた大人たちの、余生の醍醐味なのかなとも思う。
だれとも共有できないそれを自分の心身から手放せる手段を発見して息絶えられればいいのだが…………。

思春期とはまた違った、「膨大で安定した寂しさ」を新たに抱えて生きていくみたい。
そうすると、寂しさを忘れられる日なんてきっとないんじゃないかな。

イヤになっちゃうけどしょうがないねと三月の梅の花を見上げる。

 

 


恋文が飛び込む小学校の下駄箱になった夢をみる
深夜に地震だ「揺れてるね…。」添いて眠りて黄泉まで揺れて
冷えた机と相反し高鳴る想いに戸惑ったあの日の彼女は新婦となった
初夏の結婚式の友人代表スピーチが最大の宿題だ。どうしようかなと悩んでいます

 

 

ジップロックvsブランド財布

ジップロックを財布代わりにすればいいじゃないか」という自分と「属する社会を意識しろ」という自分が脳内で争ってる

f:id:kmnymgknunh:20100526194546j:plain

 (ジップロック

 

 

名刺が出来た✌

つい最近、生まれてはじめて自分の名刺が出来たので(わっほーい)、早速名刺入れを購入しようと思って「新卒社会人向け・評判の悪くない名刺入れ」を探していたらポール・スミスが人気だという情報サイトを見つけた。

新入社員の名刺入れにポールスミスが人気の理由|キャリアパーク[転職]

 

f:id:kmnymgknunh:20170219151618j:plain

f:id:kmnymgknunh:20170219150724j:plain

デザインはこんな感じ。そしてお値段も1万から2万円台でお手頃価格。主張しすぎもしないし安っぽすぎないし良い印象を持った。

最新デザインはどんなものがあるのかな〜と公式サイトを見ていたら、お財布でめっちゃ好みのものを発見。

これである(全部で3種類)。

めっちゃ可愛くないですか?!

f:id:kmnymgknunh:20170219151123j:plain

f:id:kmnymgknunh:20170219151132j:plain

f:id:kmnymgknunh:20170219151138j:plain

 

しかし、ポール・スミス、わりと若年層(10代後半〜20代)をターゲットにしたブランドらしい(30代以降でももちろん持ってる方、素敵な大人もいると思うけど)。今25歳の俺、年単位で長期的に使うことを考えると、若干背伸び出来るブランドのほうがいいのかな?!とも悩ましくなってきた。

たとえばPURADAとかcelineとかクロエとか…(以下、画像参照)

f:id:kmnymgknunh:20170219222330j:plain

f:id:kmnymgknunh:20170219222644j:plain

 

f:id:kmnymgknunh:20170220220742j:plain

f:id:kmnymgknunh:20170220220806j:plain

 

f:id:kmnymgknunh:20170219222456j:plain

 

機能重視で突き進むと、ジップロックという選択肢が残る。

ジップロックを財布代わりにする利点

①透明なので中身が見やすい

②チャックを閉めれば頑丈

③ビニール素材なので汚れづらい。水にも強い

④一枚あたり激安。代わりがいくらでも用意できる

⑤存在感が強い(気がする)

⑥冷凍保存できる(凍らせる場面はないと思うけど)

 

 

ちなみにジップロックに限りなく近い財布もあるようだ。

■H.M.E 3.0g キューベンファイバーウォレット (White)

f:id:kmnymgknunh:20170220222508j:plain

f:id:kmnymgknunh:20170220222516j:plain

■and wander  キューベン ウォレット

f:id:kmnymgknunh:20170220222608j:plain

 

番外編。

達人がいた。クリアファイルで財布作ってる

 

ジップロックに近いカバンもあったりする。可愛い

f:id:kmnymgknunh:20170220223237j:plain

f:id:kmnymgknunh:20170220223253j:plain

 

さて、どうすべきか…。

どなたか、おすすめの財布あったらご教唆ください。機能性高くて可愛いと尚良いです。

洒落たデザインでビジネスでも通用するジップロックがあれば良いのかも知れない。

なにを選んでいいか、わからないまま半年くらい過ぎそうだ。