サバイバー紀行(3日目)

4月30日(金)

 

■9時30分

大阪で人と会う約束があるため、十分眠れていないが気合で起床する。下宿先から自転車を借りる。鍵の使い方に戸惑い、初めての道に戸惑い、予定していた電車の時間を逃す。

f:id:kmnymgknunh:20210501144117j:image

 

西大路駅まで自転車で2キロ以内の距離である。西大路駅には私が大好きなものがある。


f:id:kmnymgknunh:20210501164908j:image

聖地…。

WACOAL本社(の外観)を堪能する。毎年予約をして館内見学しているのだが、昨年に続き、感染症対策で見学できず。館内にあるWACOALミュージアムは誰でも観覧可能で、創業の経緯や商品の歴史を学べる場所だった。東京の友人らを連れて行きたかったが、仕方ない。いつでも自由に入れるようにするにはここで働くしかないなと毎回思う。

 

■11時

f:id:kmnymgknunh:20210501165413j:image

駅前のパン屋で卵サンドとツナサンドとカフェラテを購入。梅田駅へ。ZOOM会議に急遽呼ばれたため参加する。30分で終わる。

 

■13時

f:id:kmnymgknunh:20210501165803j:image

友人宅に招かれる。猪肉(大阪の魔女の店で特別に仕入れたとのこと)の赤ワイン煮込みが待っていた。骨から出汁。脂身がほろほろ蕩ける。牛蒡、マッシュルーム、じゃがいも、セロリも心身に染みた。多種類のパンは視覚的にも楽しかったし、グレープフルーツのサラダも美味しくて、味わい過ぎて食べ終わりがかなり遅くなってしまった。


f:id:kmnymgknunh:20210501170646j:image

贈り物を交換しあう。好きなものを選んでいいと言われる。サングラスしているフェミニストのステッカーを選び、スマホに貼り付ける。多幸。


f:id:kmnymgknunh:20210501172310j:image
f:id:kmnymgknunh:20210501170836j:image

f:id:kmnymgknunh:20210501170822j:image

食後はシャーベットとタルト、青色のハーブティー(ピンク色に変化する!)を愉しんだ。「大阪に移住したらどうか」と繰り返し誘ってもらえて嬉しかったな。加えて、進撃の巨人のライナーはパラディ島とマーレ島どちらでも自由に生きられなくて自己が引き裂かれてしまったけど、あの人には第三の島が必要だったし、第三の島とは大阪なんだわ、という話になり大笑いした。

そして「私はあなたたちの、土地を愛する姿勢が前々から好きなんだ」と伝えた。自分の生きる土地の歴史や見所、行きつけの店、そこで育まれた愉快な人間関係について。その一つ一つが真剣で、ここで生きていくという意思が明らかで、とても安心する。関西はみんな泥臭くて個人を本当に大切にする。大変だけど楽しいよ、助け合って暮らそうよ。というメッセージは、本当に魅力的だったし、光が差し込む心地がした。

 

■20時

f:id:kmnymgknunh:20210501171730j:image

帰り道、WACOAL本社のネオンにうっとりする。昼間のピンクリボン乳がん啓発のシンボル)は夜にはパープルリボン(暴力根絶のシンボル)に光り輝いていた。

帰宅して戯曲講座のシナリオ作りに取り組む。基礎がなっていないので、子どもが考えたような内容になってしまう。いやそんなことない。子どものほうが豊かな書き方をするかもしれない。自身の創造性の乏しさに、かなり落ち込む。

 

■22時

f:id:kmnymgknunh:20210501172257j:image

家主と家主の恋人と1時過ぎまでお喋りをする。明日みんなで早起きをしてダムタイプのイベントに参加しようと約束する。

ポリアモリーの話題になる。過去の親密な人間関係のすべてがその人を構成してきた大切な要素であるという話をする。嫉妬は否定されるべきではないし、モノアモリー特有の「この人だけ」も美しいし素晴らしいものだ感じていると伝える。複数の人を対象とした場合に愛情が薄くなってしまうのではないか?という疑問もあがり、それは、モノでもポリでも関係ないと答える。自己と他者に全力でコミットできるかという素質や能力には個人差がある。ただ、その対象が増えるのでポリの方が実践が複雑で困難が生じやすいかもしれない。またこの話題は恋愛や性愛の話とも限らず、生活(選択した他者と生きていく)の話でもあると伝える。人生のパートナーたちと全力で生きている、私の周りのポリアモリー実践者たちが思い出される。彼らの愛情の底知れない深さを私は知っている。それを薄いと形容するなんて絶対できないし、なかなか真似したくてもできないから眩しいのだという話をした。こんなふうに、関西で初めて出会った人たちに、私の大好きな人たちのことを話せることも嬉しかった。大好きな人たちをここに呼びたいとも思った。気楽で濃厚な時間を過ごせたことを振り返る。またもや銭湯に行きそびれ下宿先のシャワーをお借りした。就寝3時。