真夜中でも眩い光は差し込んで(2021年1月近況)

f:id:kmnymgknunh:20210202002436j:plain

f:id:kmnymgknunh:20210204000057j:plain

f:id:kmnymgknunh:20210204000237j:plain

f:id:kmnymgknunh:20210130170013j:plain

年が明けてから、とにもかくにも意志強に生きないといけなくなってしまったので、自分を奮い立たせるための忘備録です。

①憧れの人との別れ

佐藤郁夫氏 逝去のお知らせ – 認定NPO法人 ぷれいす東京 (ptokyo.org)

結婚の自由をすべての人に訴訟(同性婚訴訟)【東京・第1回】原告佐藤さん意見陳述

佐藤さんは、『HIVポジティブである人と共に生きること』を教えてくれた人で、ゲイであることをずっと隠して生きてきた経験から、未来を生きる性的マイノリティの人々が同じ思いをしなくて済むようにと同性婚訴訟の原告となった人。個人的にも大変お世話になった方でした。

もう誰も、社会に想定されていない存在とされないように―その意志を継いでいかなければと胸に刻みます。制度の拡充と権利行使によって掬えるものがあるのではと考え、昨年から講演会を企画したり自治体に働きかける運動をしています。有志のみんなと頑張ります。

 

②あの娘が海辺で踊ってる

上記のこともあり毎日気持ちが晴れなくて、こんなご時世ですが海を見に行きました。私の故郷には海がないのですが、子どもの頃、自転車を走らせればすぐ隣に海があったのならこれほどに孤独感は抱かずに済んだのではないかと時折空想します。最たる理解者。風は冷たくて、水面は澄んだ青でした。カモメがその上で踊っていました。

 

③転職活動

メインの労働に加え、月5の副業、月2のNPO活動(有償ボランティアという形式)を毎月やりくりしているのですが、働き方を見直していく予定です。理由の一つに弁護士や警察との案件が続いて参ってしまったことがあり、先週より上司から「休みの日は仕事のメール見なくていいんだよ」と言われて、出勤時間以外は受信箱を開かないようにしたら、すこぶる精神衛生が良くなりました。睡眠時以外は常にクライアントからのメールを確認する癖がついてしまっていたようで、改めたく、労働者としての振る舞いを減速させたいと思います。そして今の会社ではたくさんのチャンスを頂き経験も積めたため、来年春からは今と毛色の違う労働に従事したいです。

 

④資格試験と余生の過ごし方

昨年はじめてテキストを開いて独学で社労士試験を受けてみたのですが惨敗だったので、今年こそは合格するという誓いを立てたいです。いや、今ここで立てます…。働きながらなので、自発的に効率的な学習時間を捻出する必要があります。そこで、前述の「出勤時以外はGmailを開かない」に加え、「朝と深夜以外(具体的には10時~22時の間)はTwitterとLINEを開かない(※急を要する面白エピソードがあった場合を除く)」をルールにしようかなと思います(8月末の試験まで)。友だちとは普通に遊びたいし気にせず誘ってほしいけれど、一人の時間や移動中はなるべく携帯を見ずに、試験勉強にあてたい。うまく行動に移せない時は、せめて読書をしたいです(私の「本の世界」―中井久夫コレクション とか、最小の結婚: 結婚をめぐる法と道徳とか)。

そして今冬は同僚の誘いで平日に初級者向スケート教室(無心になれてお尻が引き締まる)と戯曲講座(オンライン)に通うことになりました。休日は気の合う友人作りを目的にポリーフレンドリー企画にもちょこちょこ顔を出す予定です。

資格試験が一段落ついた後は、語学学習(手つかずの英語、伊語、手話)と読書(積読の山を崩したい)が出来たらいいなと思っています。昨年は家族をヨーロッパの船旅に連れていくはずが、コロナ禍で断念してしまった経緯から、リベンジしたいのもあります。個人的にはイタリアの仲間に会いたいのとアナルコフェミニスモに関心があるのでスペインが熱いという感じです。

 

⑤音楽


Kapustin Plays Kapustin - Piano Sonata No 1, Op 39, Sonata-Fantasy


Kapustin Plays Kapustin - Piano Sonata No 2, Op 54


Kapustin plays Kapustin - Paraphrase on Aquarela do Brasil, Op 118

一時的ではありますが無駄に広くて風通しの良すぎる家に一人暮らしの今、誰の気配もない空間を自分の好きな音楽で満たせるようになったことは収穫です。最近はカプースチンがお気に入りで、陽気な淋しさに胸が締めつけられます。真夜中でも眩い光は差し込んで、眠り落ちてもこの世界は賑やかなのだと信じられるような、他人事のような軽快さがとても心地良いです。それとは別に友人お薦めの音楽を聞かせてもらうのも嬉しいし愉快です。(計算してみたら、月の半分は何人かの友人が我が家で過ごしてくれているので、安全面でも精神面でも有難いなという気持ちでいっぱいです。)それにそうだピアノ譜も何冊も追加購入しているので、感情を込めて弾ける曲を増やしたいです。undertaleとピアソラの譜面もあるのですが連弾用なので、どなたか一緒に弾きませんかね?私は譜面を追うので精一杯な技術しかなく即興のセンスも皆無だけれど…。

こうして久々に一人の時間がたっぷりとできて、同居人(客人)が固定されず入れ替わる生活をしていると、睡眠不足との闘いの中で代替のきかない十年前の添い寝の感触が蘇り、既存のライフスタイルや価値観が揺さぶられ、あらたな発見もあったりして、またそれについても出会う人々と美味しいお茶でも飲みながらゆるく語れたら良いなと思います。

皆さまもどうかご自愛くださいね。

良い夢を。また夢で、おしまい