うれぴっプルン戦記

性的主体性と添い寝とダンス

同僚に「LGBTと医療福祉」の冊子を渡したらちょっと反応に困られた話

ちょうど今、医療機関で働いていて、(「オカマ」という言葉を揶揄する人もいる職場なのでちょっと勇気を出しつつ、)同僚にこの冊子を紹介したんだけど、反応に困られてしまった。 

f:id:kmnymgknunh:20170706212655j:plain

こちらより全文ダウンロードできます!

ちょっと間が空いて、「反応に困ってるよね」となったので、「お時間あるときに読んで下さい」といって棚にしまった。その後については特に気まずくはなかった。医療従事者として、是非知ってほしい知識ではあるので、きっかけとなれば嬉しいなー。また、未来の新人さんの目にも留まるといいなーと思っている。

 (働き続けるなかで、トランスジェンダー当事者の入院事例や、HIVキャリアの方の相談事例、同性パートナーへの緊急時対応事例に関わる可能性は高いはず…)

 

 

そもそも、この記事を書こうと思ったきっかけはこのニュース。

同性愛者だとカミングアウトした議員さんの、「LGBTは若い世代だけのことではなく、どの世代にも同じだけ存在しています。私と同世代の人たちも続いてほしい」という言葉とそれを発信するまでの過程に、涙が出てきたからです。

ーーーなぜ、いままで隠していたのか?

前田さんは「いままで公表できなかったのは、恐かったからです」と率直に語った。実は議員になった後にも、議会事務局に嫌がらせの連絡があったり、信頼して話した人に、ゲイだと言いふらされたりした経験があるという。議員という周りから支えられなければならない立場。そこからのカミングアウトは、下手をすると議員の立場を失う危険性がある。しかし、いよいよ5期目50代となり、いま社会を変えなければという「焦り」を感じた。この立場の人間が社会に発信することが、社会の変化に繋がる、と前田さんは考えた。

「私がカミングアウトすることで、LGBTも、それ以外のマイノリティも『悩んでます』『助けて』と声を出しやすい場や雰囲気を作っていきたい」

 

もちろん、「婚姻制度」自体に疑問を呈する/反対する姿勢*1も忘れてはいけないとも思う(その意味で、以下リンクは大変読み応えのある文章。)

「婚姻制度」の枠組みに入れる人たちが優遇されて、それ以外の人(たとえば一人で生きることを選んだ人)が、不利益を生じる社会じゃ、希望持てないし、やってられないよ。

カップル単位ではなく、個人単位の生活保障のほうが重要よ。

 

 

ただ…

現状、法律婚が出来ると(シスヘテロ*2カップル、戸籍上の性別が異性同士のカップルであれば)、パートナー関係の社会的認知や生活保障に有利ではあり(一応事実婚でも同等の権利は拡大しつつあるけれど法律婚ほどではない)、

その権利を、同性カップルであっても同等に得られるべきだろうという主張が胸を打つのも事実。

なぜなら、こうして、実際に、パートナーの死に関して、辛い経験をしている当事者が確かにいるから。「救急車で運ばれても知ることができなかった」「医療同意できなかった」「死に目に立ち会えなかった」「喪主になれなかった」「配偶者として認められず、名義変更できずに家を追い出された」「遺産相続できなかった」など。

同性婚推進派(反対派)」「婚姻制度反対派」など方向性の違いがあるというのを前提としても、現状当事者が直面している社会的課題や生きづらさを放置していい理由にはならないよなと。

自分としては、哀しい内容ではなく、希望のある声をたくさん聴きたいと思うし、力になりたいし、出来ることをしていきたい。具体的にいうと、自分が属する社会(たとえば職場)でも、沈黙せず、問題提起していきたいということです。ちょっと反応に困られることはあるけれど。いやいや反応に困られないタイミングを狙っていきたいし、LGBTトークが普通の世の中にしていきたいですね。

 

さいごに、こんな記事もあるので、当事者の方々は是非参考にしてみてちょ。

(こっちは半年前に書いた自分のメモ記事)


では今から磯辺揚げを作って寝ます。おやすみなさい✋。

 

*1:当事者間の合意であるはずの婚姻が、日本においては、戸籍制度に縛られ、個人が「家族/世帯」単位で扱われ、「生殖」の圧力をかけられ、国に管理されていることは、おかしなことでもある

*2:シス(ジェンダー):心身の性別が同一の ヘテロ(セクシュアル):異性愛